職業用ミシンと家庭用ミシン

手芸のこと

職業用ミシンと家庭用ミシン。大きな違いは縫い方です。家庭用ミシンは、直線、ジグザグ、ボタンホールなど、いろんな縫い方ができますが、一般的に職業用ミシンと呼ばれているミシンは直線縫いのみです。

分厚い布を重ねて縫ったり、高速で縫う場合は職業用ミシンは力を発揮します。カバンの紐や持ち手部分など、どうしても生地が重なる部分でもしっかり縫ってくれます。

縫い目も職業用ミシンの方がキレイですね。縫い目が一定になります。使った印象では、薄目の生地の布端を返し縫いする時、布がクシャっとなりがちですが、職業用ミシンはキレイに返し縫いしてくれるとまたフットコントローラーとの連携もいいように思います。足を離しているのに1目進む、なんてことがないです。

家庭用ミシンのいいとこころは、押さえが上がったままだったり、下糸が減っていると教えてくれます〈機種によりますが〉。縫えたー!と思って見てみたら随分前から下糸がなくて縫えてなかった!なんてことがありません。あと、押さえや針の交換もラクなものが多いです。